メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載情報

テレビ

  • 家族とお墓のものがたり第2回 2017年7月23日】

    7月23日(日)BS日テレ(無料BSデジタル放送「4」チャンネル)にて、鈴木福・夢兄妹出演の『家族とお墓のものがたり 第2回 もっと知りたい、お墓のこと』が全優石ほかの提供で放映されました。

    核家族化、少子高齢化が進み多様化される現代のお墓問題。
    お墓とどう向き合い、付き合っていくのか。
    お墓とは、家族とはなんなのか。
    親子で行った大切な人のお墓参り。
    実はそこにはある秘めた想いがありました。
    語られた家族とお墓のものがたりとは…

    ※見逃された方は「全優石チャンネル」にてダイジェストでご覧いただけます。

  • 家族とお墓のものがたり第1回 2017年5月20日】

    5月20日(土)BS日テレ(無料BSデジタル放送「4」チャンネル)にて、石田純一・いしだ壱成親子出演の『家族とお墓のものがたり 第1回 親子で語ろう』が全優石ほかの提供で放映されました。

    核家族化、少子高齢化が進み多様化される現代のお墓問題。
    お墓とどう向き合い、付き合っていくのか。
    お墓とは、家族とはなんなのか。
    親子で行った大切な人のお墓参り。
    実はそこにはある秘めた想いがありました。
    語られた家族とお墓のものがたりとは…

    ※見逃された方は「全優石チャンネル」にてダイジェストでご覧いただけます。

  • 大井川だかしんTV 2017年1月11日】

    当社取締役影山真里が地元ローカルのインターネットテレビに出演しました

  • とびっきり静岡 2008年3月25日】

    とびっきり静岡で牧之原石材で施工させて頂きました辻村様のお墓が紹介されました。 。

  • とびっきり静岡 2007年8月】

    とびっきり静岡で牧之原石材で施工させて頂きました辻村様のお墓が紹介されました。

  • 全優石 2006年6月25日】

    地元ケーブルテレビに全国優良石材店主催のお墓講座勉強会が放送されました。

  • とびっきり静岡 2006年3月21日】

    とびっきり静岡で牧之原石材で施工させて頂きました菊地様のお墓が紹介されました。
    出演 影山社長

想いのこもったお墓デザインコンテスト

  • 全優石
    第20回ニューデザインお墓コンテスト】

    静岡市営沼上霊園の芝墓地内にお墓を建てさせて頂きました
    今までにない斬新なシンプルなお墓にまとまりました。
    究極のデザインとは、すっきりとした形です。

  • 全優石
    第19回ニューデザインお墓コンテスト】

    生前、父が愛用していた麻雀牌を元に、細部にまでこだわり再現しました。
    出来上がったお墓を見たとき、父との思い出がよみがえるとともに
    「これで約束が果たせた・・・」というような気がして満足することが出来ました。
    きっと天国でも麻雀卓を囲んで、大好きな麻雀を楽しんでいると思います。

  • 全優石
    第18回ニューデザインお墓コンテスト】

    正面の空は、父親、母親に空から見ていてほしい見守ってほしいと彫り込みました。
    空は誰にも平等でいつも見守ってくれています。

  • 全優石
    第16回ニューデザインお墓コンテスト】

    今年一年を一文字で表し習字をしていました。父が最後の大晦日2008年12月31日に書いた字は「続」でした。これからも踊り続けたい!これからも家族の幸せが続きますように!という気持ちを込めたと言っていました。その気持ちを彫りお墓に置きました。もちろん父の筆跡で。
     父はこのお墓で生きています。今でも踊り続けています。鳴子を振り上げて・・・

  • 全優石
    第14回ニューデザインお墓コンテスト】

    僕たちが育った町「焼津市」から見える景色をイメージし、父の大好きな富士山と日の出、駿河湾の波の3つを表現しました。太陽には家族の想い「愛」の文字を彫刻しました。

  • 全優石
    第14回ニューデザインお墓コンテスト】

    音楽の教師をしていた主人。
    主人にピッタリのお墓になり、このお墓なら主人も天国にいても音楽三昧で満足でしょう。
    自分達の思いが形となり私達も本当に満足しております。
    百ヶ日は親族が集まりお墓の前で「大地讚頌」を流して主人の冥福を祈りました。

  • 全優石
    第14回ニューデザインお墓コンテスト】

    お墓建立エピソード
    主人は形式にとらわれるのが嫌いな人でした。
    ハワイが大好きで生前、二人で良く出掛けたのが懐かしく思います。石材店の方と相談し主人と私らしいお墓にしようと思った時に大好きなハワイが浮かびました。

  • 全優石
    第13回ニューデザインお墓コンテスト】

    お花が大好きだった主人のために「生け花」をモチーフに、ハートの中に花立てを置いてお花をお供えするのではなく、お花が飾られているようにと、そのハートには「明るく仲の良い永遠の家族」という意味を込めました。

  • 全優石
    第12回ニューデザインお墓写真コンテスト】

    当社が設計・施工しました、吉田町 辻村様のお墓が、ニューデザイン特別賞を受賞しました。 踊りが好きだった故人をしのび、いつも手にしていた扇子を墓石の両側面に再現しています。

  • 全優石
    第11回ニューデザインお墓コンテスト】

    明るく優しい母は人付き合いもよく地域活動にも積極的に参加していました。
    趣味のカラオケをイメージし好きだった詩とマイクを付けてみたい、
    家族の絆と父母への想いを素直に形にしたい、機能面では掃除がし易く耐震
    構造であること、石の色は明るく優しいものにしたい、と拘りのいっぱい詰まった
    お墓作りでした。

  • 全優石
    第9回ニューデザインお墓コンテスト】

    父の一番好きな場所。どんなにつかれて帰ってきても居間がとても好きそれは、家族が集まりいろんな人々が来る父が一番心安らぐ場所を墓地に再現できないかと石屋さんに相談しました。実際の寸法で何もかも再現しこの居間を永遠に残したいと思いました。

新聞

  • 毎日新聞 2017年5月14日】

    当社取締役影山真里が、毎日新聞に掲載されました。今までの活動や今後の豊富を語っています。

  • 産経新聞 2016年12月20日】

    当社取締役 影山真里が静岡県内女性初「相続管理士」を取得し、石材店にて相続の相談ができるという事が取り上げられました

  • 静岡新聞 2016年12月20日】

    当社取締役 影山真里が地元密着のお墓、相続の専門家として紹介されました。

  • 静岡新聞 2016年12月18日】

    当社代表取締役 影山晃が開催した「様々な供養方法の紹介セミナー」が取り上げられました

  • 静岡新聞 2016年12月9日】

    当社取締役 影山真里が静岡県内女性初「相続管理士」を取得し、今後相続の窓口として悩みを解決していく活動が取り上げられました

  • 静岡新聞 2013年9月18日掲載】

    牧之原石材が、静岡うなぎ漁協組合様からこの度供養塔(魚籃観音)ぎょらんかんのんの建設を行いました。

  • 日本石材工業新聞 2013年9月15日掲載】

    業界の全国紙日本石材工業新聞社様の取材を受け、掲載されました。
    「若手石材人の取り組みについて」取材されました。

  • 静岡新聞 2012年3月20日掲載】

    「お墓参りの大切さ知って」
    牧之原石材では、この度 牧之原市内の保育園、幼稚園、小学校の低学年、図書館など130冊を寄贈した。
    影山晃社長は、墓石店の社長を勤めながら小さい子供たちにお墓まいりの大切さを啓蒙している。
    お墓参りは、是非 親子(家族そろって)で行く事、出来れば3世代で行く事が一番いいと話す 少年刑務所で受刑している9割の少年は、家にお仏壇がない家、お墓参りに行ったことがない 子供たちがほとんどだそうです。お墓参りに行く事で、親への感謝、命の尊さを伝えるには絶好の 場所。是非、皆さんでお墓参りにいってほしいそんな思いが感じられました。

  • 静岡新聞 2010年3月11日掲載】

    昨年起きた静岡県駿河湾沖地震で牧之原市坂部地区の忠霊塔が崩れ危険な為同遺族会が修復を牧之原石材に依頼し再建立した。

  • 静岡新聞 2010年3月22日掲載】

    本間賢三の記念碑除幕 没後百年、郷土発展に寄与
    郷土の発展に寄与した本間賢三の没後100年を記念して21日、 式典が牧之原市坂部で行われた。地域住民や子孫ら約70人が参加し、 記念碑「観理坤(こん)徳之碑」を除幕し、完成を祝った。 本間は1837年に前玉村(現同市坂部)で生まれた江戸時代末期、 明治期の政治家。県議などを務め、同地区の財産の基となった馬草場の 永代小作権の獲得や大井川を水源とする農業用水の導入、 坂口谷川の改修などに尽力し、1911年に75歳で死去した。 記念碑の建立は一昨年春に住民から「没後100年で記念行事を計画 してほしい」と要望があり、昨年2月に「本間賢三翁(おきな)没後 百年祭実行委員会」が発足。今年1月から工事を始め、坂部地区を一望 できる高台に完成した。碑は横2・1メートル、縦1・3メートルで、 表面に遺業を記載した。「観理坤徳之碑」の文字は川勝平太知事が揮毫 (きごう)した。  式典で、板倉小右衛門実行委員長は「区民一同で感謝の気持ちを表し、 空港を核とした地域の活力ある発展を望みたい」とあいさつ。 西原茂樹市長は「本間翁が心血を注いだ坂部地区の福祉、文化、産業の 振興を願いたい」と述べた。 石施工 株式会社 牧之原石材

  • 中日新聞 2010年3月22日掲載】

    本間賢三の記念碑除幕 没後百年、郷土発展に寄与
    郷土の発展に寄与した本間賢三の没後100年を記念して21日、 式典が牧之原市坂部で行われた。地域住民や子孫ら約70人が参加し、 記念碑「観理坤(こん)徳之碑」を除幕し、完成を祝った。 本間は1837年に前玉村(現同市坂部)で生まれた江戸時代末期、 明治期の政治家。県議などを務め、同地区の財産の基となった馬草場の 永代小作権の獲得や大井川を水源とする農業用水の導入、 坂口谷川の改修などに尽力し、1911年に75歳で死去した。 記念碑の建立は一昨年春に住民から「没後100年で記念行事を計画 してほしい」と要望があり、昨年2月に「本間賢三翁(おきな)没後 百年祭実行委員会」が発足。今年1月から工事を始め、坂部地区を一望 できる高台に完成した。碑は横2・1メートル、縦1・3メートルで、 表面に遺業を記載した。「観理坤徳之碑」の文字は川勝平太知事が揮毫 (きごう)した。  式典で、板倉小右衛門実行委員長は「区民一同で感謝の気持ちを表し、 空港を核とした地域の活力ある発展を望みたい」とあいさつ。 西原茂樹市長は「本間翁が心血を注いだ坂部地区の福祉、文化、産業の 振興を願いたい」と述べた。 石施工 株式会社 牧之原石材

  • 内外タイムス 2008年7月19日】

    弊社が施工した、藤枝市村松様のお墓が
    掲載されました。文章内に静岡県の思いを込めた墓石の事を紹介しています。

  • 静岡新聞 2008年6月21日】

    牧之原市内の墓地へ不法投棄された墓石の処分活動(ボランティア)の記事が掲載されました。

  • 静岡新聞 2008年4月13日】

    影山社長が出版した「静岡の失敗しないお墓づくり」についてのインタビューが掲載されました。

  • 中日新聞 2008年4月6日号】

    影山社長が出版した「静岡の失敗しないお墓づくり」の記事が掲載されました。

  • 静岡新聞 2006年7月20日】

    「ニューデザインお墓写真コンテスト」の紹介記事として、当社が設計・施工しました、吉田町 辻村様・吉田町 堀様のお墓が紹介されました。

  • 静岡新聞 2007年6月25日】

    牧之原石材 「全国優良石材店の会(全優石)」主催による、お墓講座・相談会の紹介記事が掲載されました。

  • 日本石材工業新聞 2005年7月5日】

    ニューデザイン賞紹介記事にて、当社が設計・施工しました、御前崎市 永井様のお墓が紹介されました。

  • 京都新聞 2003年8月16日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 琉球新報 2003年8月4日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 毎日新聞 2003年8月2日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 神戸新聞 2003年8月15日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 中国新聞(広島版) 2003年8月12日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 鹿児島新報 2003年8月6日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 福島民報 2003年8月6日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 大分合同新聞 2003年8月2日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 愛媛新聞 2003年10月21日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 山形新聞 2003年8月2日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 毎日新聞(大阪) 2004年3月31日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

雑誌

  • 月刊石材 2009年12月号 ㈱石文社】

    2009年度に起きた静岡県駿河湾沖地震について弊社社長影山が記者に対してインタビューに答えました。

  • 国際グラフ 2008年8月号】

    シリーズ「人と企業」のコーナーに、影山社長と秋野太作(俳優)の対談が掲載されました。

  • DIME 2006年11月7日】

    墓石の購入費用等の解説記事の中で、当社が設計・施工しました、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 女性自身 2006年10月3日号】

    オリジナルお墓の紹介記事の中で、当社が設計・施工しました、吉田町 辻村様のお墓が紹介されました。

  • 日刊スポーツ 2005年9月27日】

    「ニューデザインお墓写真コンテスト」各賞の紹介として、当社が設計・施工しました、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • TOKYO★1週間 2005年8月30日号】

    トリビアの泉公式連載「へぇの部屋」にて、当社が設計・施工しました、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • オーナーズアイ 2004年7月号】

    企業の成長を応援する経営情報誌「オーナーズアイ」の取材を受け、弊社社影山 晃が「最新彫刻技術を使ったレーザー彫刻」について語った。
    創意工夫によって効率的な業務を実現する。

  • 月刊 仏事 2003年10月号】

    「ニューデザインお墓写真コンテスト」紹介記事にて、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 月刊 仏事 2003年10月号】

    牧之原石材(旧お墓のかげやま)紹介記事・影山社長のインタビューが掲載されました。

  • 公募ガイド 2003年9月号】

    2003年9月号にて、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 賞とるマガジン 2003年10月号】

    入賞作品ギャラリーにて、御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 週刊朝日 2003年9月26日】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。
    ※記事中では故人である小田様のお名前で紹介されていますが、混乱を防ぐためお墓の建立者である息子の菊池様のお名前で統一させて頂きます。

  • 賞とるマガジン 2003年9月号】

    ニューデザインお墓コンテストの結果報告が掲載され、御前崎市 菊池様のお墓が大賞受賞と紹介されました。

  • 懸賞生活 2004年5月号】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 公募ガイド 2004年5月号】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

  • 賞とるマガジン 2004年5月号】

    御前崎市 菊池様のお墓が紹介されました。

ラジオ

  • 【毎月第2月曜日・第3月曜日(再放送) 12:40~放送  FM島田 まりりんの人生を整える~終活の魔法】

    、1月よりFM島田さんにて当社取締役影山真里がラジオ番組を持たせて頂いております。
    これから毎月第2月曜日が放送日、第3月曜日が再放送です。1業界用語を使わず分かりやすく、お墓のことはもちろん、終活や相続など人生にプラスになるひと時を発信しています。

  • 【2008年5月8日(木) 午前7時20分からSBSラジオ 澤木久雄のとれたてラジオ 情報三枚おろし】

    今回も、社長の影山が電話で生出演!またまたお墓について熱く語らせて頂きました。
    パーソナリティ澤木久雄さんはじめスタッフの皆様ありがとうございました。早朝より、たくさんお問い合わせ頂きましてありがとうございました。お客様からたくさんのお墓についての悩みなど相談を受け付けました。

  • 【2008年4月28日 静岡FM K-MIX キャラポケ クローズアップ キャラメルポケット】

    なんと! マキセキがFM局電波初登場でした。
    今回は、社長の影山が対応できお墓を熱く語らせて頂きました。 パーソナリティの小林千穂さんはじめスタッフの皆様ありがとうございました。 また、お問い合わせ頂きました皆様、本当にありがとうございました。

  • 【2008年04月21日 ほのぼのワイド 中村こずえのSmile for You 中村こずえの興味津津】

    当日、弊社社長の影山が出張中の為 取締役加藤が代役を務めました。 生放送だったため、加藤が緊張しているかと思い、私達スタッフもラジオを聴きながらドキドキして耳を傾けていましたが、さすが?! スタジオでいつもの加藤の様子が伝わりお墓づくりへの想いを熱く語らせて頂きました。
    中村こずえさん他スタッフの皆様、ありがとうございました。お問い合わせ頂きました皆様ありがとうございました。

top