お墓デザインコンテスト ニューデザイン賞 受賞 横山様

大好きなハワイをイメージにしました

主人は形式にとらわれるのが嫌いな人でした。ハワイが大好きで生前、二人で良く出掛けたのが懐かしく思います。そして主人と突然の別れに、どうしたらよいか呆然とする気持ちの中、日々は過ぎていきます。 主人を供養するにお墓も建てなくてはと思い石材店へ相談に行きました。いざお墓を見ると本当に色んな種類があって迷いました。石材店の方と相談し主人と私らしいお墓にしようと思った時に大好きなハワイが浮かびました。お墓の全体をハワイのイメージでまとめ石碑はハワイの象徴となるダイアモンドヘッドの形にしました。 文字はRest in peace「レスト イン ピース」=やすらかに眠るという意味ですが、字の如くシンプルに刻みました。横山の文字はハワイに旅行へ行った時、現地の絵描きの方に書いてもらった絵文字で魚やヤシの木、蝶などハワイの自然をテーマに絵書かれている文字なので主人らしさを感じ、そのまま彫刻して頂きました。自然が好きだったので土台の回りを花壇にし、龍の髭を植えいつも緑が絶えないようにし、また、ゆっくりお墓参りが出来るようベンチを設けました。日本とハワイのイメージがマッチしているお墓になりました。もう主人と一緒にハワイに行けることはできませんがお参りに行く度に、主人とハワイに居るような感じがして寂しさが紛れます。

担当者からの一言

牧之原石材では、このようなお墓をつくらせて頂いたことを感謝いたします。

牧之原石材 社員一同