名称 永豊寺
よみ えいほうじ
所在地 焼津市西小川3丁目6-5
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 静岡県焼津市西小川の曹洞宗 福田山 永豊寺は、安土桃山時代の天正元年(1573年)に天竜円鑑禅師が開いた。江戸時代中期の宝暦3年(1753年)、宇治から緑茶の種子を持ち帰った永豊寺住職が、村人に緑茶栽培を広めたと伝えられている。市指定文化財の山門は、明和6年(1769年)11月に三ヶ名の中島重右ヱ門によって寄進されたもの。
電話番号 054-628-6770
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 木造平屋建、切妻造平入、茅葺、総欅造りの薬医門。明和6年(1769)11月、三ケ名の中島重右エ門が寄進したものであり、大工棟梁は藤枝宿木町の仁左衛門、仕手棟梁は築地の甚七と記されている。全体的に明和新建当時の姿をよく残すものと考えられ、絵様・彫刻は、その時代を表している。後補も細心であり、類似建造物の参考ともなる。特に屋根は近世から近代にかけ、瓦葺、銅板葺に改変されたものの多い中にあって、創建のまま茅葺であることは貴重である。
交通 小川宿バス停 から徒歩1分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡