名称 快林寺
よみ かいりんじ
所在地 島田市幸町15-8
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 快林寺は島田市役所に隣接した都市寺院の代表ですが、寺伝では、開創当初は真言宗慶寿寺末として、野田の山近くの元島田にあったといいます。
慶寿寺は今川二代範氏が貞和元年(1345)真言律宗の京都泉湧寺十二世朴艾思淳師を開山として招き、大草に創建されました。今川家の庇護を受け降盛を誇りましたが、天文5年(1536)の花倉の乱や、その後の今川家の衰退に伴って荒廃しました。快林寺も同様に無住寺院となり荒廃していたのを憂慮したのは、地元の人々と静居寺僧堂で修行していた雲彩慶曇師でした。慶曇師は天正4年(1576)、人々の先祖供養と禅の教えを広めるために、快林寺を曹洞宗に改宗し、寺を現在の幸町に移して伽監整備を行い、師の琴峰寿泉師を御開山に招き再興した、と『島田郷土史』(紅林時次郎)に記されています。
電話番号 0547-36-2431
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 寺内には子安地蔵を始め、六地蔵、水子地蔵、また観音堂には千手観音をお祀りしております
交通 市役所バス停 から徒歩2分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡