名称 石雲院
よみ せきうんいん
所在地 静岡県牧之原市坂口1251
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 曹洞宗岡山県洞松寺末 本尊:釈迦牟尼仏
治承三年(1179)創建にかかりました。康正元年(1455)に崇芝性岱禅師を講じて開山とし開基は勝間田公。
総門、山門、龍門の竜の彫刻、参道の丁石は町文化財に指定されています。勝間田氏の菩提寺として、全国に800を超える末寺を数える古刹です。
電話番号 0548-29-0226
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 山門、総門、参道の丁石、龍門の滝の彫刻など、建築や彫刻など、建築や彫刻技術に優れており、市の指定文化財になっています。縁深い山中にあり、散策するだけで心が洗われるような境内です。毎年高尾祭りが行われています。2018年8月、牧之原市で強化合宿中のサーフィン中国代表チームが当寺院で、浴衣の着付けや茶道を体験しました。
交通 富士山静岡空港バス停 から徒歩7分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡