名称 金西寺
よみ こんさいじ
所在地 掛川市領家1572
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 原川の東端にあるこの寺の本尊さまは薬師瑠璃光如来ですが、包帯を巻いています。
昔逆川が自然のままに蛇行して流れていた時分の事です。近くの三つ池というところで遊んでいた子供が泥にまみれたお薬師さまを見つけこのお寺に安置したということです。
それからしばらくたって東海道を通った伊予某藩の仲間三人がお薬師さんを見て金佛か木佛か言い争いになり内の一人が持っていた槍で突きました。
その結果金佛であることが分かったのですがしばらく行った袋井市名栗で槍で突いた奴さんは路上で卒倒、死んでしまったのだそうです。そこには奴塚を作り供養したのだそうですが今では奴塚にあったお地蔵さんはこのお寺の境内に安置されています。
お薬師さまを傷つけたたたりだということで、槍傷の痕を包帯で覆い供養をしたという事ですがそれが今もって続いているわけです。
電話番号 確認中
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 毎年4月12日がご開帳です。この日は包帯を巻き変え、佛さまを最初に見つけた子供に感謝するため近所の子供さんにお菓子が配られます。また巻きかえられた古い包帯は岩田帯にすると安産、包帯にすると傷が早く治るといわれています。
交通 東名岡津バス停 から徒歩7分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡