名称 普門寺
よみ ふもんじ
所在地 掛川市西大渕6429
宗教・宗派 天台宗
縁起 寺伝によれば、慶雲元年(704年)文武天皇の勅命により、行基が千手の峰に立てたのがこの寺の始めであるという。法相宗として13代まで続いたが、天台宗となったのは、14代の時からである。その後、治承元年(1177年)平重盛が高倉天皇の病気平癒[2]と海上安全、船中無難を祈って寺の場所を現在地に移し、諸堂を再建すると共に、最澄(伝教大師)の作という聖観世音菩薩を安置した。戦国時代に兵乱に遇って諸堂すべて焼失し、衆徒多くは乱を避けて所々へ逃れ、寺に残る者はなかった。しかし、1574年(天正2年(1574年)豪憲が帰山し、衆徒を招集し門前には百姓など呼び集め住まわせた。続いて初代横須賀城主大須賀康高により諸堂が再建されたので普門寺は元の姿を取り戻した。寺領も徳川氏より朱印高37石を贈られ朱印寺となった。隣接した所に、寺の守り神として八所神社がある。普門寺は近郷にない古い歴史をもつ寺である。
電話番号 0537-48-3921
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 普門寺境内には樹齢100年といわれる大藤があり、4月下旬から5月中旬にかけて藤の花が楽しめます。
また一角には白藤もあり、紫色の藤棚より少し早く花を開きます。
交通 東番町バス停 から徒歩17分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡