名称 宝国寺
よみ ほうこくじ
所在地 藤枝市本町1-1-17
宗教・宗派 浄土宗
縁起  宮山文書宿方明細に、法林山宝国寺は、長楽寺町内で、五十海地内にあり、江戸より右の方、白子町了善寺の末寺で、御除地は2石、3百余坪とあり。藤枝町史には、除地1石、百58坪、天文2年(1533)清誉が、本寺了善寺の開山貞誉の遺志で、本尊阿弥陀如来を受け開創、貞京3年焼失。元禄4年七代深誉本堂再建とある。 又、境内は竹林構えで、小木等もあり、門は四つ柱で、石地蔵さんの形をした仏さんの座像の下に木車があって、これは「後生車」との申伝えに御座候とある。車と軸は堅い樫の木のようで、これが石柱をくりぬいて装置されている。車にも、石柱にも、経文や仏語が刻まれている。幼くして世を去った童男こ童女の戒名が列記されていたり、順礼とか、南無阿弥陀仏の名号も見える。一番はっきりしている文字は、多分この後生車の出来た時かもしれない。「享保4年(1719) 巳年、7月16日」 で今から2百70年前、8代将軍吉宗の頃のものである。後生車は2つあって、串の上の石仏は御不動さんにしては御顔が穏やかであるが、2体とも右手に剣、左手には弓を持っているものと、索縄を持っているものがあって、共に人の後生を護ってくれているようだ。このような車が今に残り、近所の方々も大切にしておらることは心がなごむ。清見寺の後生串は有名な五百羅漢たちの傍らと、下の方にもう1つ。車は石で重く、これに一心頂礼、五百羅漢と彫られ、石仏は無く、旋主は助郷となっている。傍らの説明は記す「現世に於て犯したもろもろの悪業を、この事を廻しながら、懐悔して後生の善所を願う車」と。
電話番号 054-641-6878
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 確認中
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡