名称 長慶寺
よみ ちょうけいじ
所在地 藤枝市下之郷1225
宗教・宗派 臨済宗妙心寺派
縁起 今川氏の氏寺であった長慶寺は、今川三代泰範が開基として開創された由緒ある寺院である。『駿河記』等によると、嘉慶年間(1387~1388)鬼岩寺末の真言宗として開創されたと記されている。開山は不明であるが、開基の今川泰範は範氏の次男であり若い頃は鎌倉建長寺に入り修行していたが、兄の氏家が若くして没したため還俗して、今川三代を継いだ。足利義満に仕え、明徳の乱(1391)応永の乱(1399)で功名をあげ、応永7年(1400)駿河と遠江2ヶ国の守護職に任ぜられた。それ以前泰範の父範氏は文和2年頃(1353)駿河の地を治める根拠地として島田の大津庄には大津城を、葉梨庄には花倉城を築いた。この築城に並行して家臣の屋敷を定め、一族の菩提を弔ったり、男子教育の場として氏寺を建立した。花倉には遍照光寺を、下之郷には長慶寺が開創されたのである。開基泰範は嘉慶2年(1409)76歳の生涯を閉じると、遺骸は長慶寺に葬られたと言われ、その五輪塔が現在境内地に残っている。
電話番号 054-638-1023
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 長慶寺の境内には開祖泰範の五輪塔が、その隣には雪斎の無縫塔が残されています。元々長慶寺は、明治時代に寺子屋を行っていて子供たちに学問を教える場所でした。現在は、定期的に大人も子供も楽しめる寺子屋を開催し、落語や折り紙、バルーンアート等が催されます。
交通 葉梨中学校バス停 から徒歩12分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡