名称 安楽寺
よみ あんらくじ
所在地 藤枝市北方962
宗教・宗派 天台宗
縁起 葉梨の里北方の山の中腹にあり、山岳寺院らしい趣きを持っている。その創建は、原の清水寺や小坂の鬼岩寺と同じ頃の奈良時代のことである。寺伝によると、神亀5年(726) 行基が東国行脚の折にこの地を訪れたことによって開創されたという。行基は奈良時代民衆のために仏の教えを説き、仏教を広めた高僧であった。橋を架けたり池を作ったり道をなおしたりして民衆のために尽くしたので菩薩の生まれかわりだと言われ、聖武天皇の要請を受け大仏建立にも尽力した僧であった。
平安時代、天台宗総本山比叡山延暦寺の22代座主であった暹賀が傷んでいた堂字を再建し、天台宗安楽寺と改名した。行基開創の由緒を持つ安楽寺は、現世利益を願う民衆の信仰を集め、山里を訪れる参拝者で賑った。当時は12院もの塔頭諸堂を持つ大伽藍を有し、荘園を持ち寺運は興隆していた。今でも安楽寺周辺には小字名として般若坊、定智坊、中之坊、常楽坊、伝転坊、念仏坊、山寺、薬師平の名が残っており、往事の規模の大きさが偲ばれる。
戦国時代に入り、永禄11年(1568)武田信玄が駿河に攻め寄せた時に兵火に遭い、大伽藍も灰燼に帰してしまった。その時の住職秀賢は再建に尽力し、慶長年間(1596~1614)にようやく諸堂を整えることができた。いきさつは不明であるが、この時から安楽寺は江戸の寛永寺の末寺になったという。また江戸時代には安楽寺の住職は、花倉八幡宮と八幡青山八幡宮の別当職(神仏習合説に基いて神社に設けられた寺院の住職)を兼ね、8石の役料を給された。祭典の時には住職は馬に乗って、八幡村まで出かけ、放生会(8月15日に寺や神社で行った生類を放流する儀式)と牛王加持(牛王の加護護持を祈る儀式)の行法を行っていた。明治維新後は神仏分離政策により、八幡宮との関係はなくなった。
電話番号 054-638-0510
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 安楽寺は藤枝市内で唯一の天台宗寺院の古刹である。往千三百年近い栄枯盛衰の歴史を経た安楽寺は、今も北方の山中に静かにたたずんでいる。事の大伽藍こそないが、本堂、庫院、山門、薬師堂、常楽坊とを甍を連ねた諸堂には歴史の重みから来る風格がある。
交通 山寺入口バス停 から徒歩9分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡