臨済宗妙心寺派 梅蔭禅寺

名称 梅蔭禅寺
よみ ばいいんぜんじ
所在地 静岡市清水区南岡町3-8
宗教・宗派 臨済宗妙心寺派
縁起 開山は足利時代といわれる臨済宗のお寺です。次郎長の側近であった、大政、小政、増川千右エ門、生涯愛したというお蝶夫人のお墓がある次郎長の菩提寺です。
電話番号 054-352-0995
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 墓碑銘「侠客次郎長之墓」は榎本武揚が書いた文字で、博物館には山岡鉄舟の直筆「精神満腹」の額や、望遠鏡・火縄銃などの遺品が展示されています。また、銅像も設置されています。2018年「第71回清水みなとまつり」にて、次郎長のお墓がある当寺院では、初の試みとなる寸劇が演じられ、次郎長が清水に残した功績などが紹介されました。又、2019年6月12日で127回忌を迎えました。
交通 清水駅からバスで15分
地図