臨済宗建長寺派 北条寺

名称 北条寺
よみ ほうじょうじ
所在地 伊豆の国市南江間862-1
宗教・宗派 臨済宗建長寺派
縁起 北條寺は、伊豆の国市南江間にある臨済宗建長寺派の寺院です。鎌倉幕府二代執権北条義時の創建と伝えられています。義時は北条時政の子で江間小四郎と称され、境内には、北条義時夫妻の墓があります。本尊は、源頼朝が源氏再興を祈願したという「木造観世音菩薩坐像」(県重文)。その他、運慶作と伝わる「木造阿弥陀如来坐像」、義時の姉北条政子の寄進と伝わる「牡丹鳥獣文繍帳」(県重文)があります。
電話番号 055-948-1399
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 北條寺の前を流れる狩野川の反対側には、北条館跡とされる史跡があります。毎年、9月23日に「白彼岸花観賞会」と題し、抹茶の振る舞いや仏像の無料拝観、渡辺住職による法話を行います。鎌倉幕府の執権北条義時の墓所がある伊豆の国市南江間の北條寺で、境内に咲く白い彼岸花が見頃を迎え、来訪者の目を楽しませています。白い彼岸花は渡辺文浩住職が約40年前から植え、現在は本堂の入り口などに約1500株が育ち、白彼岸花の球根や株の販売もある。開催時間は午前10時~午後2時です。
交通 伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅より徒歩25分
地図