藤枝市 川本様

藤枝市 川本様

今年4月8日に父親が入院先の病院で亡くなり、同じ日に母親も入所中の施設で亡くなりました。我が家で初めての仏さんで、葬儀屋や49日、初盆と慌ただしい日が続く中、お墓も用意しなければなりませんでした。父親が、近所のお寺に墓地を用意していませんが、墓石はないため、いくつかの石材店や霊園を見て回りました。そのような中、牧之原石材さんの大井川店におじゃまして展示場を見せてもらい、気に入ったデザインのお墓を見つけることができました。また、親戚や近所のお宅でも、そのデザインをベースにしたお墓を建てていたので、実際に見に行き、このようなお墓にしようと妻を二人で決めた次第です。また、営業の加藤さんには、デザインだけでなくお墓の作り方や、石の種類など分かりやすい説明をしていただき、こちらからの提案にも真摯に対応してもらい、ありがとうございました。8月下旬、お墓が完成し、9月6日に納骨を行いました。両親もきっと喜んでくれていると思っています。考えてみれば、お墓は亡くなった方が暮らす「家」です。我が家では、昨年、自宅の建替えを行い、家をつくる大変さと楽しさを経験しました。今回、お墓をつくるのも、それと似たようなところがあると感じたところです。最後に、お世話になった牧之原石材さんの皆さんには、りっぱなお墓をつくっていただき大変感謝しています。ありがとうございました。

担当者からの一言:営業担当 加藤義和

牧之原石材では、このようなお墓をつくらせて頂いたことを感謝いたします。

top