焼津市 大石様

焼津市 大石様

6月吉日 富士山が世界文化遺産に登録されました。
その3日後、無事納骨式を迎え、真新しいお墓に亡き母の遺骨を納めました。
墓石には雪の富士山と1枚の桜の花、花立には紅葉をあしらい敷石の左側には
切り株を模した石の椅子等オリジナルのお墓が出来ました。今年1月1日に亡くなった母は、
40年の長きにわたる闘病生活を送りながら、春は車中からのお花見を楽しみ、
秋には色づいた紅葉に歓声をあげ、父ともども富士山が大好きな人でした。

完成したお墓をみて、お日様のような笑顔で母の一言「ありがとう」が聞こえてくるようです。
私たち三姉妹三人三様のお墓のイメージを忍耐強い営業活動で取りまとめてくださいました
担当の加藤さんに御礼を申し上げます。

担当者からの一言:営業担当  加藤 義和

お母様がお亡くなった際に訪問させて頂き、お墓のお手伝いをさせて頂きました。石碑への彫刻については、特別な拘りがあり、石塔には富士山と桜を、花立には紅葉を彫り込ませて頂きました。
お墓のデザインは、シンプルな横型にまとめました。

人それぞれに生き方があるように。
人それぞれに個性があるように。
人それぞれに思い出があるように。
人それぞれに夢があるように。
墓石こそ、人それぞれの思いを語ることが
大切だと考えています。
お客様の想いをカタチに。
牧之原石材が一番大切にしていることです。

牧之原石材 社員一同

top