名称 能満寺
よみ のうまんじ
所在地 吉田町片岡2517-1
住職・管理者 富賀見昭宣
宗教・宗派 臨済宗妙心寺派
縁起 本尊 釈迦牟尼如来
能満寺は、鎌倉の建長寺の開山蘭渓道隆尚の法孫定門(ちんもん)が、はじめて開き、平貞時が、亀山天皇の命により弘長2年(1262年)に元寇(げんこう)の役が起ると、勅願所として官寺になる。
元応5年、伏見天皇は詔を下して、七堂伽藍(がらん)を造営し、片岡荘墾田五十一町歩を寄進され、後亀山天皇は自ら書かれた「吉祥山能満寺福智禅寺」の勅額を下賜された。
その後、度々の大井川洪水で伽藍宝物等すべてを流失したが、武田・徳川両家の力により隆盛した。
伊井谷の龍潭寺、小笠郡の貞永寺と共に、遠州臨済の三名寺とされている。
前庭の蘇鉄は日本三大蘇鉄の一つで国指定の天然記念物である。
電話番号 0548-32-1555
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 吉田高校前バス停 から徒歩5分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top