名称 松風軒
よみ しょうふうけん
所在地 島田市稲荷3-11-17
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 松風軒のあるこの稲荷町は江戸時代宿場町を囲む「五ヶ島」と呼ばれた村方の一つで、往時は「稲荷島」と呼ばれたところでした。この稲荷島の住民の墓地や無常処(火葬場)に、亡くなった方の供養のために建立したのが、松風軒の始まりと思われます。本尊の地蔵菩薩は、死後六道輪廻(死後に生まれ変わるという六つの苦しみの世界)に苦しむ衆生を救ってくれる菩薩として信仰された仏様です。この地蔵菩薩を祀るお堂に、開基の弾山黙悟尼という尼僧が住職となって、仏事供養をしました。最初は地名を取って「稲荷山地蔵庵」と称したようですが「静居寺過去帳」には「五代達相弁了庵主(寛政八年 一七九六寂)松風軒看寺」と記されていますから、寛政の頃には「松風軒」と称する珍しい軒号の寺院名に変えたようです。また「駿河記」(文明九年 桑原藤康著)や「駿河志料」(文明元年 中村高平著)には「稲荷庵」と記されています。この珍しい「軒」号のついた寺院は県内二三〇九ヶ寺のうち、浜松市春野の洞水軒と松風軒の二ヶ寺だけです。
電話番号 0547-36-1837
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 荒浪煙厓翁は煙厓1870(明治3)~1954(昭和29)母校講師のち東上、漢書、速記術、英文を学ぶ、貴族院速記者40年、この間漢詩会入り、詩人としても一家をなした。ここ松風軒には荒浪家の墓地があり、分骨され埋葬されています。現在、御遺族が東京在住により稲荷町に住む御親族によって供養されております。
交通 三ッ合町バス停 から徒歩3分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top