名称 東泉寺
よみ とうせんじ
所在地 御前崎市池新田25-1
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 天正八年(1580年)、笠原村龍巣院の住職能天春藝が、この洞仙寺跡に堂宇を建てて、弟子たちと共に移り住みました。時はちょうど、本能寺の変の2年前に当たります。翌九年に笠原村龍巣院末寺「東泉寺」として開創し、ここで寺の基礎を築きました。その頃の当地はまだ住むも少なく、信徒の数も開祖当初はわずかに13戸程度と聞きます。開祖能天春藝は、ここで13年間住職として勤めた後、求められて龍巣院の住職に戻りました。折からの新野池干拓事業に伴って池新田村が誕生し、この地の人口は増加してまいりました。春藝は自分が開創した東泉寺のことが忘れ難く、約十年後再びこの寺に帰院し、寛永九年入寂するまでの27年間、寺の発展に尽くしました。
電話番号 0537-86-2222
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 苗代田池新田高校バス停 から徒歩8分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top