名称 永江院
よみ ようこういん
所在地 掛川市和光3-12-2
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 永江院は延徳元年(1489)以翼長佑禅師に依って開創されました。
山号を和光山と称し、本尊に釈迦牟尼仏を安置して、人々の信仰を集めてきました。 創建の由来は、高祖道元禅師の法を嗣ぐ恕仲天誾禅師が大悟ののち、師の梅山聞本禅師の言に従い、 琵琶湖の北端に位置する深山幽渓に洞棲し、白山妙理権現を感得されました。 そして塩谷山に草庵を結び、洞寿院と称し幽棲されていました。
その後、橘谷に大洞院を開き、更に可睡斎を開山するに及びました。 その後、禅師の法弟は洞寿院を護持していましたが 四世住持の以翼長佑大和尚は、洞寿院開山、恕仲天誾禅師の仏跡を慕い掛川に留錫し、 八幡谷に庵を結び龍穴庵と称したのが創まりです。後、永正15年(1518)龍穴庵の住持雪窓鳳積大和尚のとき 永江院と改めて、漸次寺運を整えていきました。 慶長8年に堂宇は罹災し、寛政4年(1793)に再興された本堂が現在に残されています。
電話番号 0537-22-2917
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 流派にこだわらず、誰でも気軽に利用できる茶の湯の場。座ることに不得手な方には立礼茶室、練習や研究会用の六畳・八畳の和室、床柱のない四畳半「洞床茶室」、とくに280年の掛川宗偏流の面目を伝える一畳半「宗偏茶室」があります。山門の龍は、門前の池の水を飲みに出るので人々が恐れ周囲に金網を張ったと言われており、現在も金網中の龍の彫刻が見られます。名匠、藤原棟教の作と伝えられています。
交通 確認中
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top