名称 春林院
よみ しゅんりんいん
所在地 掛川市吉岡1051
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 創建時は(文明元年・1469)は山深い市内上垂木七窪にあった。当寺の寺名は不明であるが天文4年(1535)に遠江地頭職本郷城主十四代原頼郷、伯母春窓林尼公(十二代頼影景息女)を開基と成し当地に移転開創す。
開山に可睡齋七世太陽一鴒禅師を請し、開祖を開基尼公の甥松厳嶺藤大和尚とす。寺号を尼公の法名に因み「春林院」と称す。
爾来法運大いに栄え末寺10ヶ寺を逐次開闡、可睡齋後見寺として現在に至る。
電話番号 0537-26-2626
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 平成7年に西側休耕田をビオトープ自然公園として整備。せせらぎゾーンや雑木林、ビオトープ垣、蛇塚、甲虫床等を設け里山景観を復元。公園散策の後は常時開放の坐禅堂で坐禅体験も出来る。
交通 大日公会堂バス停 から徒歩24分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top