名称 正法寺
よみ しょうぼうじ
所在地 掛川市高御所1312
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 正法寺は元真言宗正眼院と号し、袋井市法多山尊永寺の末寺であった。その後寺は廃寺と成ったが、寺伝によれば明圓見珠和尚がこの地に来て村人たちの希望に応えて寺を再建。応永7年(1410)曹洞宗曽我山正法寺と改め自らを第一世開山したとある。第二世太意見的和尚は宝徳2年(1450)本堂建立。慶長5~8年(1600~3)の三年間に寺と十二軒の檀家にて荒地を切り起こし、田畑を造成して寺領とした。第十世大雄雲道和尚は慶長10年(1605)の正月駿府城に年頭の挨拶に登城し家康公御前において法問を命ぜられた後、家康より銀子を賜り寺勢愈隆盛に向かって行った。寺は寛永4年(1627)と明治20年(1887)2回火災に罹り本堂焼失するも、歴代の住僧及び檀信徒の協力にて再建、現在近隣随一の大伽藍を誇っている。
電話番号 0537-22-4668
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 札所本尊の十一面観世音菩薩は頭上に十一面を有し、十一品の無明から起る迷走を断じ、六道のうち阿修羅を救済する観音とされ、特に除病滅罪求幅の為に信仰される。
当寺に宝暦7年の巡礼札があり、すでに240有余年前より参拝者の一心な称名を聞き即時に音声を感じて衆生に解脱を与えている観音さまである。
交通 東名小笠パーキング入口バス停 から徒歩13分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top