曹洞宗 洞雲寺

名称 洞雲寺
よみ とううんじ
所在地 藤枝市藤枝5-2-28
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 開創後8百年近くの間については寺伝もなく、荒廃したまま、寺名のみが残っていた。そんな折、永正7年(1510)4月21日、坂本村林叟院(焼津市)を開いた賢仲繁哲の2番弟子であった在天祖竜がこの地に来て荒寺を曹洞宗に改宗して再興した。在天は遠州掛川在杉井村に生まれ、林翌院の賢仲に師事し、さらに諸方の禅寺を歴参した後、賢仲の法を継いだ。洞雲寺を再興して住山すること17年禅定家の名僧として近隣に名を知られ、その徳風を慕って若い修行僧が雲集し、多くの僧を育てた。また民衆も教化し近在に七ケ寺を開創した後、大永7年(1527 遠州地頭方の村人に誘われて林昌院を開き、6年間住山し、享禄5年(1532)1月27日示寂した。在天の弟子や歴代住職もよく師の禅風を受け継ぎ、民衆の中に入って近隣に末寺を開き門流を広げ、廃寺まで含めると三六ケ寺の直末寺院を有する大寺となった。四世覚翁文等は豊臣秀吉の尊崇を受け、天正18年(1590)4石5斗の朱印地と山林数町歩を賜った。この朱印状は青山八幡宮、高根権現、花倉八幡宮、洞雲寺の三社一ケ寺の寄進状であるが、秀吉の帰依によるものである。洞雲寺では豊臣秀吉を中興開基としてその位牌を奉安している。五世良山秀洞が住していた慶長5年(1600)徳川家康は関ヶ原の戦いに出陣する折、洞雲寺にて休憩した。この時献上した柿が縁となり、家康より寺領内竹木伐採禁制の朱印状を賜っている。2代将軍秀忠も上洛の折、洞雲寺に寄り紋付膳具を給付している。江戸時代、朝鮮使節等も宿泊したことがあり、藤枝宿の名刹としてその名が知られていた。天明5年(1785)近くの火事によって類焼し大伽藍を全焼し、文化8年(1811)5月19世右逢原左が諸堂を再建し旧観に復した。再建2ケ月前の夜、原左は霊夢を見て豊川稲荷、弁才天、金比羅宮の3体を合祀した荷荷堂を建立し当山の安全を祈願した。しかし、明治31年(1898)8月23日夜、再び回録の災にかかり、諸堂宇皆烏有に帰した。同年十二月庫裡を再建、大正五年(一九一六) 二八世道順達元は、浄財を集め現本堂を再建し旧観に復した。
電話番号 054-641-1011
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 千才バス停 から徒歩2分
地図

top