名称 最林寺
よみ さいりんじ
所在地 藤枝市下薮田322
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 最林寺は『駿河記』(桑原藤泰著・文政3年)や『駿河志料』(中村高平著・文久元年)によると、開基朝比奈氏の旧宅の跡に建立されたという。最林寺の裏の小丘陵(現在は国道建設によって撤去)には戦国時代の砦の跡があり、この守将は今川の臣朝比奈氏一族であったと考えられる。開創は地誌によると天文15年(『梅林院史』では天文5年説)と伝えられ、開基は殿村の総善寺と羽佐間村の喜雲寺と同じ朝比奈備中守泰能、法名功徳院喜雲道瑞居士である。開山の梅林院五世霊屋契鑑は、梅林院三世心包玄契の弟子であるが、二世の和僧良穆(無学大休禅師)に随って常陸国に赴き、良穆の開いた龍泉院の二世となった。その後常陸国新治(新治郡八郷町宇治会)に源照院を開いた後駿河国に戻り、梅林院の五世となった。天文8年(1539)には石雲院の輪住(任期制の住職)となり、天文15年に最林寺を創建し、同23年には朝比奈の総善寺を改宗して開創し、晩年には喜雲寺と万年寺を開き、永禄四年(1561)4月8日多くの人々に惜しまれながら示寂した。現在最林寺には、天文七年に染筆した開山霊屋の七言絶句の墨跡が保存されている。その筆跡も詩の内容も奇を衒わぬ爽やかな曹洞禅僧らしいものである。
電話番号 054-638-2396
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 下藪田サニーヒルズ団地バス停 から徒歩3分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top