名称 観音寺
よみ かんのんじ
所在地 藤枝市瀬古1丁目2-1
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 戦国時代の争乱も大詰を迎えた文禄2年(1593)、普門山観音寺は、寺名のとおり聖観世音菩薩を本尊仏として開創された。この当時駿河国は今川氏は滅び、豊臣家の家臣中村一氏が支配していた。この本尊仏は今川家の旧臣であり、今川没後この地に蟄居していた安達家十四代盛宗が先祖から受け継いでいた念持仏である。安達家初代の安達藤九郎盛長は、源頼朝が伊豆で旗上げをした時からの七騎の家臣の一人である。頼朝が石橋山の戦いに敗れた時、石橋山に祀られていた観音菩薩を安達盛長が譲り受け、安達家の守本尊として大切にして来た。後、北条高時に仕えたが新田義貞と戦い、利あらずして敗れると、駿河国に居住し今川家に仕えた。今川没落により主君を失うや13代盛孝は武士をやめ、この下当間村に住みついた。天正18年(1590)盛孝が病死すると、嫡子盛宗は、受け継がれて来た観音菩薩を安置する堂字を村人の協力を得て建立し、梅林院人世囲洲舜光を開山に仰ぎ、普門山観音寺を開創した。この観音様は由緒ある本尊様であるから、里人だけでなく近隣からの参詣者も多く、人々から「当間の観音様」と呼ばれ、篤く信仰され、大切に守られてきた。駿河33観音霊場の9番札所として、今でも観光バスの団参がある。
電話番号 054-641-8207
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 瀬古バス停 から徒歩3分
地図

牧之原市

吉田市

御前崎市

焼津市

藤枝市

島田市

掛川市

菊川市

伊東市

静岡市

下田市

富士市

三島市

伊豆市

御殿場市

袋井市

伊豆の国市

磐田市

富士宮市

浜松市

沼津市

賀茂郡

田方郡

top