曹洞宗 盤脚院

名称 盤脚院
よみ ばんきゃくいん
所在地 藤枝市西方407
宗教・宗派 曹洞宗
縁起 盤脚院は記録上では寛永8年 (1631)開創という比較的新しい開創であるが、それ以前から存在していて、古伝では真言宗であったとも、また臨済宗であったとも言われている。文明17年(1485)には、既に曹洞宗寺院として記録に出てくるのでかなり古い時代から存在していたと考えられる。文明17年京都五山の僧でもあり、漢詩文の大家でもあった万里集九が、太田道潅(1432~1486扇谷上杉家の臣築城術和歌に優れ、江戸城を築いた)に招かれて江戸に下る途中、盤脚寺(盤脚院)に寄った。彼の紀行詩文集『梅花無尽蔵』にこの時のことが記されている。
電話番号 054-638-0405
形態 寺院墓地
施設 確認中
特徴 確認中
交通 山寺入口バス停 から徒歩3分
地図

top